他力本願 ~情報術~

「人を動かす」ことを目標に情報発信術について 漫画やアニメ等の視点から書いていこうと思います。宜しくお願いいたします。

2005年05月

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2005年05月

あとは地球連合の軍服が揃えばアークエンジェルは完成?
前戦争において英雄のように言われる理由は
ザフト、オーブ、地球連合
三つの軍服が揃った点にあると思う。
立場の違うもの同士が戦争を止めた。
だが今回はどうだろう?
オーブの軍服ばかりが目立つ。
アークエンジェルはオーブ軍ではないはずだ。
戦うこととは別の道を探す諦めきれない人間の集まりがアークエンジェル
エターナルの勢力だったはずだ。
だからこそ今回オーブの軍服を着るべきではなかったと思う。
どこかの軍隊が介入するのではなく、
戦艦とMSをもったレジスタンス(テロリスト?)を貫くべきだったと思う。
国や所属を持たない軍隊として

そしてこの戦いの末に作って欲しい。
そういう軍を。現実では無理なのでせめてアニメの中では・・・
アークエンジェル、ウズミの理想、クオヴァディスのイブコーア構想のパクリっぽいけど・・・
ウイングの武力の全てを否定する完全平和からはなれるけど
平和維持のための軍隊を作る
全て国から人を募り、全ての国に同等の比率で金を出させ
その金で動く軍隊を
金は皆払う、だからこそ全てが守る対象
それならば各国の軍は必要ない
作らせないように、作った国には徹底的な制裁を与える
すべて経済的な活動から手を引き
それでもダメなら軍を利用し破壊する。デストロイのように

こういったこと書くと戦力の集中は暴走したときまずいというのだろけど
こういのはどうだろう?
軍部の幹部、そしてそれらの行動を決定するための一票をもつ各国の首相
これらの人には身体に爆弾を仕込んでもらう。
民意の反対が八割を越したなら即爆死。
それ以外に各国で毎年選挙行ってもらう。
信任なら生存
不信任なら次の首相が前首相の死刑を執行する
この理由は国民を無視したり、馬鹿なことをすれば自分もこうなるのだ
と記憶に刻み込ませるために行う
さらに投票率が著しく低い場合も死刑執行。

ようは十二国記、クオヴァディスを足した世界を作る

昔、今回書いたのとほぼ同じ内容を現実で実現してくれ。
的な内容を書いたけれど誰も見てくれなかったので
seedをネタにアクセスを増やすことに専念してきました。
ようやくアクセス数が増えてきたのでまた書きます。
他力本願、このサイト名からも分るように
今回書いたようなことを実現するだけの力は自分にはありません。
なので、この意見に賛成な人がどこかにいることを信じて書きました。
そしてそこに口を出せる立場の人に、
実現できる人にお願いします
世界を変えて・・・


なんちゃって
スポンサーサイト
  1. 2005/05/30(月) 22:08:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2005年05月

今週のシン、最悪・・・
特にステラが死に泣く場面が最悪。
泣きたくなければ強くなるしかない。
ツバサの黒鋼のセリフですが、その通り。
死ぬステラが見たくないなら、何故、キラが破壊する前に
自分で破壊しなかった?いつものキラやアスランのようにコクピットに傷を付けないように。
その力が無かった。傷つけるのが怖かった。
ならば泣くことは許されない。
泣くのが許されるのは全力を尽くした時だけだと思う。
シンの行動はステラを救うために全力を尽くしたとは思えない。
そして、何故戦えなくなった?
ステラを返した時からこの可能性はあった、なのに戦えなくなった。
戦う覚悟は出来て返したのではないのだろうか、
争うことになっても生きることの出来る道をそう考えたのではないのか。
それとも、本当に戦うことは無いとでも思ったのだろうか。
先週、アスランに言われ言いよどんだ、あえてその可能性から目を背けた。
自分に都合の悪いことに目を背け、誰かに託しただけのシンには
ステラのために泣く権利すらないと思う。
シンかわいそうとかいう意見が出そうな場面だったけど
力も無いのに軽々しく誰かを守るなんて口にしたつけが回ってきただけではないだろうか
もう一つ思ったのは
タリア実は厳しい?
Bleachの浦原のように優しくない。
浦原は一護に力も無いのにほざくなって感じに一発で目を覚まさせた
あとイリヤの空の榎本も
ギブアップを認めず、榎本に反論した(反論というより負け犬の遠吠え)浅羽に
今度は本気でお前を追う。の一言で浅羽に自分の無力を認めさせた。
自分の非力さを認めることで次があると思う。
上の二つはそっち系だ。恋次も認め、そして白夜に牙がとどいた。
まぁ、教えることが優しさか、何も言わないことが優しさか
という部分はあるけど・・・
鋼の錬金術師のマスタング大佐のように・・・
seedもそっち系だと思っていたのだが
今回誰もシンを変えないのだろうか
それともシンに自分で気づかせるのだろうか
今後の見所だと思う。
自分が一番正しくて
自分が一番かわいそうで
悪いのはみんな他人のせい
みたいに自分が一番傷つかない
楽な道を歩んできた人間がそう簡単には
自分が一番痛い道なんて歩けないのだから。
ステラという駒を失い、どのように気づかせるのだろう自分の無力を
本人の見たくないものを強制的に見させるだけの圧倒的な力
誰に持たせるのだろう
今回の場合、シンの周りには使えそうな駒は残ってないようだけど・・・ [ステラ(seed destiny 32話の感想)]の続きを読む
  1. 2005/05/29(日) 15:42:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:7
  4. | コメント:0

2005年05月

今週のシンを見て
イリヤの空、三巻で椎名が浅羽に言った言葉を言いたい。
特に最後の・・・
知らない方はぜひ買って読んでみてください。
俺の意見は椎名側。

今週の話は・・・そんなに書きたいこと無いです。
というか、見る気がしなくなってきた・・・
ただ一つ分ったことは、俺はシンを生理的に受け付けない。
ここまで嫌いなキャラそんなにいないんだけど・・・
玉面公主、森光蘭
思いつく嫌いなキャラはこの位
シンのファンの人には怒られるかも知れないけど
俺の中では森光蘭以下というか森光蘭のほうがかなりマシ
森光蘭の欲望に忠実に、そのためには手段は選ばないってのはまだ共感できるからいいんだけど

シンには共感できること一つもない
あれを真直ぐという人もいるんだろうけど
俺にはどうしても真直ぐには見れない。
これは俺が嫌いな理由とも重なるが
シンには覚悟が感じられないからだと思う。
ステラを救う理由が被害者だからなら
被害者を守ることが信念なら、何故戦う。
自分が殺したものが全て望んでなった軍人とでもいうのか。
そのあたりが嫌いな理由
もう一つは
自分の言葉の意味考えてんだろうか
仕方なく返した。
これは別の見方をすれば、
見捨てた。
じゃないのだろうか、医者だってそうだ
最期までして、死なせた。
患者を救えなかった。
無理だと判断し、誰かに任せる。
患者を見捨てた。
そう考えれば、自分だって変らないんじゃないだろうか
この世界に正しいことなんて存在しない。
それでも、自分を平気で正しいと言えるだけたちが悪いと思う。
とはいえ、シン批判書いてる俺も似たようなもんだけど・・・
こういったこと考えてると思い出す。
誰が決めた、何を
って。

今回の話で頭の中はFATESでの話でいっぱいになったので
それで思ったこと別で書きます。
  1. 2005/05/23(月) 10:36:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:6
  4. | コメント:0

2005年05月

コメントは増えない・・・
seedの感想、少しひねくれてたかな・・・
それとも過激に書きすぎた・・・
文章が拙すぎてみてくれない。
理由は色々だろうけど、
変えるべきか、変えざるべきか
迷いどころ・・・
多少自分を抑えて受けのいい文章を書き、コメントが増えるように努力するか
それとも
彼氏彼女の事情のアリマ・レイジのように100人中99人ブーイングでもよしとするか
かなり迷い中・・・

只今、253人中コメント1・・・。
  1. 2005/05/16(月) 23:41:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2005年05月

一日寝て考えてみた結果、
シンのあったかい世界に帰せ
ステラのために言った言葉なのだろうか
自分の逃げ道を作るためでなかったといえるだろうか
自分が戦争に戻した。そう思わないための。
誰かのせいにし、その相手を恨むことが出来るように。
死なせたくないから返す。奇麗事だ。
自分が戦場に返す。そこから目をそむけた言葉にしか聞こえない。

ネオの行動。
イリヤの空という小説に似たようなシーンがある。
一つは浅羽と椎名のやり取り。
二つ目は浅羽と榎本のやり取り。
浅羽が吐いた憤りの言葉に対し、椎名や榎本はきれる。
何も知らない人間が知ったような口をきくな、というような意味をはきながら。
これは榎本も椎名も自分の罪は理解している。
罪を犯してもやらなくてはいけないことがある。
罪を犯してきたからこそ、地べたを這い蹲ろうが、
血を吐こうが進まなくてはいけない。
何も知らない人間に言われる筋合いは無い。
そういう怒りだと思う。
だが、何も出来ない浅羽に対して、蔑みはない。
何も出来ないことは自分たちが一番良く知っているから。
何も出来なかった浅羽に対しさらに鞭を打つことはしなかった。
そして、恨まれる事も何もかも自分が引き受けると。

ネオの約束するよ。は
これと同じだったのではないだろうか、
諦めとせめてもの優しさ。

これからのシンに出来ることはなんだろう
殺しまくることではないだろうか
殺して殺して、全部の恨みを引き受けて
死ぬ道を選んで欲しい。
あいつだけは殺す。仲間は皆あいつにやられた。
そう地球軍に思わせるだけの存在になってほしい。
その死が戦争終結の一つの理由になる位の殺戮をしてほしい。
苦しみながら殺戮を繰り返し、そして恨まれながら死んでいく。
そういう最期にして欲しい。
アニメとして成り立たなくなるが・・・
ステラを思い、ステラのような人間を作った時代を憎むなら
この位の狂気にはたどり着くはずだ。
これ以外の道もあるだろうが
どの道であろうと、自ら地獄への道を歩むくらいの生き方を描いて欲しい。
でなければステラへの思いも、地球軍や戦争への恨みも、
ウズミの否定も皆うわべだけだったとしか、思えなくなる。
  1. 2005/05/16(月) 16:46:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2005年05月

今週のシンは・・・
薬漬けになっている人間が戦争を止められるとでも思っているのだろうか。
ステラのあれは禁断症状みたいになっている点から考えても
軍以外では生きてはいけない。
あったかい世界なんてものは存在しない。
その世界に戻っても少しずつ蝕まれて死に近づく。
それは自分たちが治せなかったことで分っているはずだ。
シンの行動はただ自分の前で死ぬのが見たくないだけの気がする。
良く考えれば分るはずだ。
それなりの投資をして作ったパイロットとその秘密は必ず守ろうとするはずだ。
言う事を聞かせるだけではなく、他に渡ったら死ぬようにしている筈だ。
それを想像させる話をシンは聞いている。
それなのに、あったかい世界に戻せ。

返さなければ死、返せば戦争に。
イリヤの空のパクリのような話だ。
シンが浅羽で、ネオが榎本、ステラがイリヤ。
どちらも正しいようで、どちらも正しいとはいえない。
そんな話だ。
ネオの、ありがとうと言っておこうか、の意味は何だったのだろう。
そのままのありがとう。
それとも、自分に押し付けた。シンに対する皮肉。非難。
結局は戦争しかないと知りながら、勝手に言いたい事言って
自分に押し付けたシンへの。
それとも、ネオの、約束するよ。は
何も出来ないことを知っているネオからシンへの
唯一かけられる優しい嘘だったのではないかとも取れる。
全てを知るからこそ、何も出来ず返しにきたシンに対し
何もいわず、それだけを言った。

馬鹿げた話かもしれないが俺的には
シンはここで取引をすることもできたはずだ。と思う
ステラの代わりに自分がやると。
ザフトを裏切り、ストライクとそのデータ、そして
自分が元仲間を撃墜すると。
約束の実行を確認する。そのために自分が悪になる。
それ位はして欲しかった。人任せにするのではなく・・・


どちらが正しいとか言えない話な分だけ
何となく感想書きずらい話だった・・・
まだ、まとまりがつかないので
今後、また追記という形で書き足していきたいと思います。 [刹那の夢(seed destiny 30話の感想)]の続きを読む
  1. 2005/05/15(日) 22:03:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:6
  4. | コメント:0

2005年05月

コメントありがとうございます。
雑誌読んでないんで新たな妄想の種を
ありがとうございます。
考えられるのは
キラがステラを撃墜。シンの見ている前で
ステラ爆死。

キラがステラを撃墜。
コックピットに駆け寄るシン。
確実に死ぬ傷を負ったステラを
シンが見送る。

の二つですかね。
俺なら後者希望。
捻れるので・・・
とはいっても王道ですけど

シンが見送る。
の所でシンにステラのトドメを
刺させる。
要は、苦しまずに死なせてやる。
というあれです。
これなら、安楽死は殺人じゃない。
殺したのは致命傷を負わせた人間。
その意見の元、このように描いたとかいえば
言い訳は通るし。

何だかんだいってシンがその手で人を殺す所が見たい。
前作でもその手で殺すというのは多分ない。
アスランもMS乗っていたし。
MSに乗っていると現実味がなくなるのか
バンバン撃てるらしい。
何かで殺すのではなく、
シンにはその手で誰かを殺して欲しい。
そして、その感触に苛まれ続けるシンが見たい。
どうもこのアニメ、殺されたもの痛みばかりが目立つので
そうすることで殺されたものの痛みだけではなく、
殺したものの痛みも描いて欲しい。
そして、殺すものの覚悟と責任、
殺されたものの痛み、殺したもの痛み
全部背負って潰れていくシンもよし。
また人殺しを続けるもよし。
見たいになったらなぁとまた妄想してます。


レイとステラは・・・
すみません、そんなに興味わかないです・・・
  1. 2005/05/10(火) 07:09:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2005年05月

議長、やっちまった?
が感想だった。
暗い部屋、ベットだけ、子供が泣いてる
そのシーンから議長がそっちに行ってしまったのでは、
と思った。
今まで見てきた漫画等で描かれる幼児虐待が
神父とか、偉い立派な人(そう見られているという設定の人)
とかが行うのを読んできたせいか
初めにそう思ってしまった・・・
多分もう一つの理由は、髪型がタリアだったからかもしれない。
ステラという人もいうが、あれはタリアだと思う。
あと議長に懐いてなかったことと・・・

最後の議長の言葉の推測
初めから正しき道を
一つ目は全てを終わらせる方向だ。
前議長の狂信者と息子
オーブ
アークエンジェル
ラクス
(前戦争から残っている目の上のたんこぶ。
ナチュラルにとってもコーディネターにとっても)
ミネルバ
ブルーコスモス
これら全て象徴的なものを殺して
両陣営で新たな道を。
要は戦争の責任を被せて
戦争の火種になりかねないもの全て摘み取り
初めから無かったことにして
お互い決着するという方向

二つ目の意味は
戻れないのだから初めから正しき道を進めるようにする
という方向。
アスランにいったのと同じ。
やれる事、すべき事を知るものに
力と自由を与え、正しき道をいけるようにする。
これが議長自身のやれる事、すべきことだったという解釈。
ただ一つの失敗は人間はそんなに利口じゃなかったこと。
アスランは迷い。シンはしたいことをする。
特にシンのはひどかった・・・
自分のしたい事をすべきことと勘違い、
挙句、シンやミネルバは英雄扱い。
面白くない地球連合は同盟国とともに
何度も戦う、死者が大量に出る。
憎しみが溜まる一方。
結果どんどん激戦に・・・
シンは人を救うより戦争を激化させた張本人だ。
まぁこれは議長も悪い。
ウズミのように考える猶予と明確な選択肢を与えなかった。
結果、何も考えず、自分さえ良ければいいシンは
ただの大量殺戮者に・・・


このシリーズ、やった分だけそれなりのしっぺ返しがあるけど
シンはどの位になるんだろう。
前回書いたようなステラからの殺意って予想じゃ物足りないんで
今回の今後予想はシンのステラ殺害。
狂ったステラじゃなくて、普通の状態ステラが怒り向かってきて
止めようとしてグサリみたいなのを妄想してます
るろうに剣心の剣心もそれが一番効いたみたいだし
シンもその位はないと話が盛り上がらないと思うので
こういう予想です。


[fates (seed destiny 29話の感想)]の続きを読む
  1. 2005/05/09(月) 23:26:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:5
  4. | コメント:1

2005年05月

事故の報道ばかりでつまらない
いい加減、お涙頂戴の報道は止めるべきだと思う。
俺の意見として被害者遺族の様子を写すのは事故直後だけのほうがいいと思う。
一番初めの反応は正しいものだろうが、そこから後はいろんな人の意見が入った後反応だと思う。
何故かは知らないが自分は昔から、「遺族」を見ると、その人は自分のためにないているようにしか見えない。
今後のお金のために泣いている様にしか感じられない。
今後入ってくるお金を少しでも増やすための涙。
そういう風にしか感じられない自分は間違っているのだろうか・・・
  1. 2005/05/02(月) 23:56:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2005年05月

カガリが死ななかった・・・。
オープニングの初めの部分から消えたので死ぬと思っていたのだがそれはなかったらしい。

ちょっと真面目にdestinyが面白くない訳を考えてみた。

1、曲がなんか嫌
2、殺意が足りない

1はオープニングとか全体での話だが、まず色気が足りない。
それは今回のオープニングでは良くなってるが、曲が・・・
カガリが外れたのは今回生き残ったオーブ軍兵士と別の道を行き
物語への絡みが減っていく前兆ではないかと思った。
まぁ、カガリが肩まで露出しても色気にはならないだろうからいいけど・・・

2は前作のような殺意が無いのだ。
前作のようなフレイ、ミリィ、それにザフト軍が「地球軍の捕虜なんかいるか」とモビルスーツから生身の人間に向け放った銃弾。シンのような子供の駄々っ子ではない、殺意。
そういったものが足りないような気がする。

これら受け俺の期待する今後の展開
シンが自信過剰の「自称、正義の味方。自称、英雄。」みたくなる。
天狗になったシンに向けられるステラからの拒絶と殺意。


もしこの通りになったらシンはどうするんでしょう?
シンはオーブに家族を殺されたとオーブを憎み、オーブ軍の兵士を大量に殺した。
ステラはシンに仲間を殺された。
シンはステラに殺されてあげるのでしょうか?
シンにとっては殺意を向けられること自体地獄。
さらに、生きようと抵抗すれば、オーブ軍も生きたかったと考えさらに地獄。
この位のお仕置きは必要でしょう、フレイのように事実から目をそむけ、耳をふさいできたシンには。
  1. 2005/05/02(月) 00:15:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2ブログランキングに参加中。
ご協力お願いします。



アクセスアップにブログジャンキー始めてみました。



このサイトの値段だそうです。


プロフィール

かんなづき

<>br

カテゴリー

<>br

最近の記事

<>br

最近のコメント

<>br

最近のトラックバック

<>br

月別アーカイブ

<>br

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<>br

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する





楽天で探す
楽天市場



ブログ(blog)ならFC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。